タグ:ヘム海霧 ( 30 ) タグの人気記事

【レポ】4月17日新宿での「海にかかる霧」鑑賞、その後の新大久保ぶらぶらと、そして沖縄は広いのでした

今日午前10時ごろ地震があったようです。


って、津波警報メールを、スマホでみて
知りました。



テレビも見てなかったので、


東京や、長野のお友達から、
SNSで、大丈夫~のメッセージ。


ほんとに、心配して下さるお友達に感謝です。



でも、沖縄本島、揺れてもいません。


与那国島近海で揺れたとのこと



c0298479_11425337.png

ほぼ台湾の近くが震源地。
与那国島  震度4
竹島島   震度3
石垣島   震度2
宮古島   震度1


ということで、
東京から神戸か岡山ぐらいまで離れている、
沖縄本島には、今回は影響ありませんでした。



八重山諸島の皆さんは、大丈夫でしょうか?
被害がありませんように。

地震だけでなく、台風情報もよく混同されるんですが
与那国八重山地方と
沖縄本島地方は、

相当距離が離れているので、


全国のテレビでは、
一言で沖縄地方というのですが
沖縄では
区別して言います。

いらない、情報でした!?





さて、土曜日に沖縄に帰り
日曜日は、日曜参観と、保護者会
で、ようやく、落ち着いたので、
東京レポを


15日最終の飛行機に、飛び乗り、(いつものこと)
息子の、超超・・・い下宿に、夜中の1時に到着
そして、木曜日は一日つくばで、まじめに研修、
夜は、前記事で書いた、豚組さんでヒレカツ



そして、17日、
周りのみんなに、遅刻しないでよと
心配されながら、新宿へ出発。



西武新宿駅、北口に降り立ち、
すぐ見えると思ってたのに、しばし迷子・・

で、スマホのアプリで教えてもらって、
朝の歌舞伎町を歩いていると


こんな時間から、こんな時間だから?
お兄さんの客引き??



欲求不満のおばさんに見えたのでしょうか?
結構、カッコいい、お兄さんが
寄ってきて・・・・


足早に通り抜けたので、
何と言っていってたのか、分からなかったのですが、
朝ご飯食べようとか?歌おうとか?ですか・・・???



私は、今からドンシク君に会いに行くんだから
傍に寄ってこないでと、すたすたと歩く。



この時間に、何を誘っているのか?
分かる方、教えて下さい。


さて、裏手から、来たので、気づいたら、
シネマズの前、



きっと、新宿の表から来たら、
このゴジラが目印だったんですよね


c0298479_11585885.jpg
私は、この建物の向かって右から
建物の左側の裏からまわってきてました。

c0298479_11592170.jpg
海にかかる霧の
ポスターが一番目に入ってきた。
うれしい。
何人もここで写真撮影。


9時15分ごろでしたが、ロビーはいっぱい。
グッズ買う人の行列。


先に来ていた、お友達が、
パンフを買ってくださっていて、
ありがとう。


迷いに迷って、結局後悔しないように
デラックス版も、通常版も買いました。


そして、スクリーン9に向かって
エスカレーターをあがります。

c0298479_11594222.jpg
お花、うれしいねー、ドンちゃん




c0298479_12021352.jpg

c0298479_12001656.jpg
c0298479_12003344.jpg
499席+車いす席2席


沖縄では、こんな大きい会場で
観れるなんてないだろうから
うれしいです。

私は、I列でした


なんか、ここにいる方々、
よっぽどの映画好きか
JYJペンか、
ユチョペンでしょうねと思うと、
一緒に見てるのも、なんかうれしい。


映画のstoryは以前に見ちゃってるので、
とにかく大画面の、映像にみいってました。


でも、ついつい、後ろにいる、
ちょこっとうつってる、
ドンシクばかり追ってしまいます。


ユンソクさんの、演技も
皆さんの名演にも、うなりました。


でも、ユチョンの演技が最高。
ほんとん、頼りなげな、田舎の
高校出たてのような、新米漁師がそこにいました。


でも、それが、あのあとには
すごい、守る男の顔になってて、


そして、最後には、
またせつない
守ってあげたくなる男の表情


そして、海の描写や、霧の描写もいい

密室での極限状態での
人の心の変わりよう、
その激しさと悲しさが表現されていました。


ユチョン目当てでない方が見ても、
韓国映画の秀作として、見応えがあると思います。


でも、つらいつらい、暴力的なシーンもあって、
これで視聴制限付いちゃったってのも、
仕方ないですね。

エンドロールも全部見て、
拍手もなく、歓声もなく、
そして、おしゃべりもほとんどない
みんな、ラストシーンの後に、
すぐには、言葉にできない思いを
持っているように感じました。



さて、映画の後は、
歩いて10分ほどで、
大久保駅近くにある

JYJペンの集う、
haruharuさんへ移動。


美味しい、ランチをいただき。
リフレッシュ、





c0298479_12031566.jpg



c0298479_12025877.jpg


真ん中のカクテルは、6002(ユチョニ~)です。
美味しいです


シンガポールチキンライスも、おいしかった~♡
c0298479_12033599.jpg



c0298479_12034858.jpg




デザートのチーズケーキ、絶品でした。


そして、3時過ぎに、
お友達とは、新大久保駅で別れて、
私は、ユチョングッズをもとめて、
新大久保ぶらぶら・・・


1時間ほどのつもりが、1軒1軒、
吟味しながらまわってたら、
気づいたら、4時間ちかくも・・・
しかも、途中休憩なし、お茶も飲まずに。


足が、あまりのつかれで
もう無理―って叫んでるんで
ここで断念。


JYJ グッズの豊富な韓流時代さん

c0298479_12040596.jpg


c0298479_12041709.jpg
c0298479_12043099.jpg

最初によって、自分の分のシールとかかって、
また、帰り際に、沖縄のお友達の分
買おうと思って寄ったら、ユチョンのばかり売り切れで・・
また、注文出してますからって、言われても、
沖縄ですから、そうそうこれないんですよと、泣き言。



最初に寄った時には、結構あったので、
見つけたら、買わなきゃですね。


海にかかる霧の、くわしい感想は、
ネタバレになるので、
後日に。

ああ、ネムボソの情報、全く追えてません。
もう、ありすぎて、無理・・


あと、2日の間に、6話まで復習できるかな~・・・





そうそう、新大久保の本屋さんに
下の@star1のユチョン表紙の雑誌とポスター
いっぱいありました。
ココで買えばよかった・・・・・


↓もし、良かったらポチっとしていただくと嬉しいです



にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村













by shuuyuchun | 2015-04-20 12:41 | ユチョン

パク・ユチョン、疑う俳優は資格がある

박유천, 의심하는 배우는 자격이 있다
パク・ユチョン、疑う俳優は資格がある

스포츠조선 | 작성김겨울 | 입력 2015.01.07 08:03

http://media.daum.net/entertain/culture/newsview?newsid=20150107080316983



20代俳優に満足するほどの演技はない。 彼らに演技者として初めての酒を浮かび上がって、かんで食べて、消化させて排泄までやり遂げなければならない過程は決して容易なはずがないためだ。 それで満足もなくて、疑いを持つ。 '私が果たして上手にしたのか。'特に初めての映画で高い評価を受けることは負担にならざるをえない。 それもポン・ジュノ、シム・ソンボ監督の'海霧'という作品で主役を演じて話だ。 パク・ユチョンはこの点に対して誰よりよく知っている。



"青龍映画賞は当然受けられないことと思った。 当然。 そうだと思っていたが、呼ばれてびっくりした。 事実とても緊張したし、青龍までは本当に期待できなかった。"そして"元に戻して考えてみれば似合わない服をいかにも強情そうに着たように見えるかと思ってたくさん不安だった。 会社でも初めに反対して、ちょっと心配した。 演技力、このような部分は排除してもJYJというグループに属している私が'海霧'中ドンシクが役割と見られようか。 そのような疑いを持つほかはなかった。 なまりもなまりだが、船員のように服を着て、扮装をそのようにしても自然に見えるべきなのに、たくさん不便だったし、心配になった"と淡々と打ち明けた。


c0298479_1183930.jpg



パク・ユチョンの疑いと真心が一度に伝えられた。 事実彼は受賞者が集まる事後レセップション場にもこなかった。 理由が気になったから質問しようとしたが、推し量れた。

"演技者として自信がない時がある。 この頃も悪夢を見て破るのが何だったら、スタッフも演技者も皆あるが、アクションをするが、私が何もできなかったよ。 どもっていることだ。 そうするうちに目が覚める。 恐ろしい。 序盤には何なのかと思うほかはない状況であったし、それが演技だったが、そのような状況が慣れて、することになったのに、カメラ前に立つその時間が恐ろしい時がある。 私が全て感情をのせて演技しているのか時々疑いを持って、それが恐ろしい。"




c0298479_11101774.jpg



それでパク・ユチョンは演技者として祝い受ける席が不便だったと話した。 "果たして私が祝い受けるべきか。 事実'海霧'チームもたくさんこない点もあった。 '弁護人'のキム・ヨンエ先生が怪しくて映画'カート'に対する物足りなさをいったのに,私やはりそうだ。 '海霧'をもう少したくさん見てくれたら…そのような部分がちょっと惜しかった。"

そして'海霧'を思い出させて彼が投げた一言は"疲れた"ということだ。 "疲れるということでなく集中力に疲れた。 特に'海霧'で密航シーンは半月をとったが、それとってその集中力に疲れた。"彼がどれくらい'海霧'を撮影して没頭したのかが感じられた。 そして'海霧'をしながら習った大きい教えに対して取り出した。


"'海霧'を準備して昼間酒を飲んだことがある。 3階で干しダラのスープ(プゴクク)を飲むが、監督様、先輩前でタバコを吸えないので、それで1階まで何度も降りて行ってきた。 そんなに何度も行くと、先輩たちが'そうするな'といった。 それで先輩たちと同じテーブルに向かい合って座って酒も飲んで、タバコも吸うと先輩たちも喜んでくれた。 その時分かった。 幼かった時は先輩たちがおられればあらゆることが気になった。 そうするうちにもう礼儀のあるように監督様と先輩たちと対話する方法を習うことになった。 それが重要だとのことも知るようになった。"


そして過去エピソードを取り出した。 "初めて'成均館(ソンギュングァン)スキャンダル'した時だったか。 その時は台本を丹念に覚えていった。 あらゆる事を準備したというけれど'上手にしなくちゃ'という考えがとても強かった。 ところで現場に行って少しだけ違うように進行されれば何もできない私を発見した。 本当に何もするのが難しかった。 それで'屋根裏部屋皇太子'からは相手との呼吸にさらに合わせる。 一人で読む時と相手俳優と読む時はとても違ったよ。"


c0298479_11123274.png


"'海霧'を撮影して先輩らとそのような夢を見たことがある。 '海霧'が名節の時放送されれば本当に良いだろう。 10年ぐらいの後にも家族皆が一緒にする時ふとTVをみたが、'海霧'が出てくれば本当に良いだろう。 こう考えた。" 19禁映画と家族の時間帯には合わないという言葉にパク・ユチョンは"明け方時間にしなければならない"として笑った。

この前'海霧'の撮影地にスタッフを連れて突然旅行に行ったそうだ。 "突拍子もないが巨済島(コジェド)をもう一度行った。 そこの海と屋台が懐かしかった。 撮影しながら行った食堂も行って、久しぶりに行くとソルジュ(松酒),それもくれた。"

青龍映画賞が終わって関係者たちがこんな話を交わした。 パク・ユチョンは知っているだろうか。 彼が全て自分の演技でだけ賞を受けたという事実を…. 彼のファンダムや、大作に出演したのではなく、彼が表現したドンシクを通じて受賞したという事実を彼が分かるように願う。 もちろんこの結果は自慢でない疑う俳優にこそ来た資格だ。


hyangri @hyangri_hyanri 様のtwitterと、ブログで紹介されていた記事を、
私も機械翻訳していたものを、あげさせていただきました。


ユチョペンにとっては、
とっても、彼のことを、
みていてくれていて、
評価してくれていると感じる
記事です。


そして、海霧の監督や、先輩俳優さんに、
礼儀をつくし、そして、
かわいがってもらっていた、
ユチョンの姿が、うれしいです。



なんか、母の気持ちになってきたわ・・・




でも、あんなこともするのよね、



c0298479_13313277.png




私のかわいい息子が・・・・



いえいえ、間違いました。



ユチョンは、永遠の彼氏です。



初の映画で、ここまでの評価を受けたこと、
とっても、素晴らしいことで、
うれしいけれど、



次の、作品へのプレッシャーは半端ないと思います。




いろんな、噂も飛び交っているけど、



彼が、自分の目で、
耳で、そして、心で
選べるような

ユチョンの個性を、演技の力を、
引き出してくれるような、
作品や、監督さんに、共演者に
めぐまれるように、


ただ、ただ、祈っています。




でも、超かっこいい、ユチョンと、

めっちゃ、ラブラブになれる、

楽しい作品もいいな~(≧◇≦)




とにかく、待ってるよ、

どんなに、放置されても、
待ってるからね。



ユチョペン、待つことには、
もう、なれてますから。



でも、ジェジュンやジュンスと
SNSでグループトークやってるなら、

私たちにも、LINEして・・・

欲しいです・・・・・・・・・・








画像、動画おかりしました。


↓もし、良かったらポチっとしていただくと嬉しいです



にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
by shuuyuchun | 2015-01-07 13:42 | ユチョン

真のブルーチップ。パク・ユチョン、大開花の年に。



大晦日に、久々に日本ブログ村をチェックしたら、
また・・・・・失敗をしでかしてました。

どんだけーというタイトルの記事がアップされている(@_@)



パソコンの不具合で、レイアウトが変になって、
そのまま中断してた下書きが、アップされていたのが昨日30日。

多くの方が、アクセスしてくださっていて・・・・
お見苦しいものをお見せしてしまいました。



もう、11月以降だけでも、
ユチョンの嬉しいお話ばかりで。
ただただ、感動。←、そんなことばで、ブログサボってたこと誤魔化すな・・・!?

レポしたいこともいっぱい。

不眠で言った東京19日、
そして、福岡2days、イブを共に過ごしたオーラス。
涙のBIGIN、エロかっこいい、BACKSEAT、
ツリーユチョン



でも、俳優として、評価されてることも、
もう、うれしくて、うれしくて


かっこいい、ユチョンを授賞式でみられるなんて、
去年の冬を考えると、ほんとにうれしい。


で、シネアイコンが
もう開催されていて、LADYMさんもレポして下さって、
ここに、レポあります。
http://gallog.dcinside.com/keumok


c0298479_06081325.png
c0298479_06080158.png
c0298479_06090955.png
シネアイコン選定の記事は、みなさん読まれてると思うので、
この記事の最後に、再アップしておきます。






そして、ここからが本題。


2012年8月末の記事で、元記事は削除されているけれど、
今読んでも、とっても、的を射ていて



ほんとに、ユチョンは素晴らしい才能をもっているんだなと
まさに、ブルーチップのユチョン、彼の才能に惚れます。






代替不可の若い男性俳優13② パク・ユチョン、ソン・ジュンギ

http://www.movieweek.co.kr/article/article.html?aid=29728

c0298479_07521677.png


ユチョンのとこだけ、抜粋






◆パク・ユチョン-感性で説得した



c0298479_07530188.png



filmography

「屋塔部屋の王世子」 (SBS)

「ミスリプリー」 (MBC, 2011)

「成均館スキャンダル」 (KBS2,2010)


俳優の本質は「共感する能力」にあった


俳優自らキャラクターと自分の立場を共感する時、はじめて見るものまで共感させることができるから。そのような側面でパク・ユチョンは、才能を先天的に持って生まれたと思う。東方神起時代から、舞台の情緒を掌握するメンバーは、当然パク・ユチョンだった。メインボーカルであることも、華やかな高音やダンスパートを担当することもなかったが、彼は曲の感性を代弁する方法を知っていた。パク・ユチョンのそんな才能はドラマでまで拡張された。演技デビュー作であるドラマ「成均館スキャンダル」放映当時、中途半端だという非難ひとつ聞かなかったのも、まさにそんな点のためであるのだ。



普通、華やかな場面とメイクアップの力で輝いていたアイドルスターが、TVドラマの中に着地したら、かい離感が発生するものだ。だがパクユチョンは違った。彼は清らかな顔になるほどむしろいっそう輝いた。彼は男性俳優としての美しい線と柔弱なイメージを持つと同時に、「普通の男」のような日常性もまた抱えていた。それは「花美貌」と「アイドルスター」という背景にも関わらず、彼が装飾的な役割で消耗されないようにする、ある境界になってくれたのだ。



彼は舞台の上でいわゆる「オーバーアクション」をあまりできない珍しいアイドル歌手だった。そして彼の動きや表情にためらいは読むことがあっても、中途半端な誇張はなかった。そんな時彼の顔の上には、微妙な葛藤や緊張感のようなものなどが浮かんだりしたが、それがドラマに還元されると、キャラクターの「真情性」として読まれた。貴重な才能だ。そしてその才能はTV画面よりはるかに、
巨大なスクリーンでもっと効果的に使うことができるのだ



「成均館スキャンダル」をはじめ、ドラマ「ミスリプリー」「屋塔部屋の王世子」に至るまで、パク・ユチョンはその微妙な境界を成功的に維持してきた。



何編かの作品経験を通じて得た「技術」ではなく、自分だけの「感性」を必死にまもっていたのだ。そして彼の演技はますますもっと自然になり、大衆は彼をますますもっと「いい俳優」として受け止めている。意外な点は彼のフィルモグラフィに、まだ映画がないという点だ。あきらかにたくさんのシナリオが彼の選択を待っているはずだが、所属社関係者によれば、次期作はまた再びドラマになる公算が大きい。



パク・ユチョンはソン・イェジンと主演で物望に上がったドラマ「会いたい」(MBC, 10月放送予定)の出演を検討中だ。彼がこの作品に出演したなら芯の強い俳優ソン・イェジンに新たな刺激を受けることにはずだから、悪くはない選択になるだろう。
当分の間はTVでパク・ユチョンに会うことになるようだが、
映画界がこれ以上彼を傍観するはずがないだろう。

文:キム・ヒョンミン記者|写真提供 シージェスエンタティメント




はい、そして、ついに、ついに、映画界がユチョンを、手に入れましたね。


みんなが、待ち焦がれていたんですよ、あなたを。




ユチョンの2014年の映画 海霧で、手にしたタイトル


『映画部門   6冠』


第34回韓国映画評論家協会賞新人男優賞  11月13日
c0298479_06304078.png





第51回大鐘賞映画祭新人男優賞  11月21日
c0298479_06424674.png




第15回釜山映画評論家協会新人男子演技者賞  12月4日
c0298479_06171092.jpg




第4回美しい芸術人賞の新人芸術人賞  12月9日
c0298479_06131307.jpg






第35回青龍映画賞新人男優賞 12月17日

c0298479_06020930.jpg




韓国映画俳優協会の人気スター賞 12月19日


c0298479_06034617.jpg




そして、映画撮影と重なりながら、
肩も怪我して、思うように、演技できなかったにもかかわらず、

ドラマ、 3DAYSで手にした


『ドラマ部門   2冠』

SBS演技大賞 ミニシリーズ最優秀賞 12月31日
SBS演技大賞 10大スター賞

c0298479_06045651.jpg
ほんとに、ほんとに、凄いです。

もう、褒め記事ばかりで、あげらんない。



遅くなったけど、あらためて、


ユチョン、おめでとう。


そして、2015年、ユチョンの新たな代表作となる

次の作品、待ってます。






パク・ユチョン・チョン・ウヒ・チェウシク、明日が知りたい映画界新人たち…'のシネアイコン'選定

2014.12.04(木)13:19

http://tvdaily.asiae.co.kr/read.php3?aid=1417666782811247008
c0298479_07284345.jpg







[テレビデイリー・キム・ジンソン記者]俳優パク・ユチョンチョン・ウヒチェウシクドギョンスなどが忠武路の未来をけん引する新しい顔にみこまれた。

来る25日から来月3日までソウル弘益大学周辺のKT&G想像広場で開かれる'2014のシネアイコン(CINE ICON):KT&G想像広場俳優企画展'の'のシネアイコン'セクションにパク・ユチョンチョン・ウヒチェウシクドギョンス安在洪イ・ソムが選定された。

'のシネアイコン'セクションは今年最も注目された映画界新人俳優たちの作品を上映する。
上映作品はパク・ユチョんの'ヘム'(監督シムソンボ)、チョン・ウヒの'ハンコンジュ'(監督李秀珍)、チェウシクの'巨人'(監督金テヨン)、ドギョンスの'カート'(監督ブジヨン)、安在鴻(アン・ジェホン)の'足球王'(監督ウムンキ)、イ・ソムの'マダムペンドク'(監督イムピルソン)だ。

パク・ユチョンは過ぎた8月に公開した映画'ヘム'で純朴なの最年少の乗組員の東食役を演じ、好評を得た。
パク・ユチョンは先輩の俳優であるキム・ユンソク文盛瑾(ムン・ソングン)金サンホなどと批判する所のないアンサンブルを成し遂げ、頭角を現した。


これにパク・ユチョンは、第34回韓国映画評論家協会賞、第51回大鐘賞映画祭、第15回釜山映画評論家協会賞新人賞を相次いで獲得し、
名実ともに忠武路のブルーチップとして浮上した。


女優の中ではチョン・ウヒが断然目立った。チョン・ウヒはこの4月に公開した独立映画'ハンコンジュ'に印象深い演技を見せてくれた。

これにチョン・ウヒも韓国映画評論家協会賞主演女優賞、2014今年の女性映画人賞などを受賞し、実力を認められた。

また、チェウシクは映画'巨人'で悲惨な成長期を経験する高校生英才逆に密度のある感情演技を披露しながら、好評を博した。

チェウシクはまた、最近封切りした映画'ビッグマッチ'ではシン・ハギュンの右腕であり、天才ハッカーに分解違う魅力を披露した。

グループEXO-のメンバーでよく知られたドギョンスは、国内商業映画初の非正規職問題を取り扱って話題になった映画'カート'としてスクリーンに初めて姿を現した。

ドギョンスは映画で厳しい状況に直面した母ソンヒ(ヨム・ジョンア扮)を理解していく息子テヨン役で、しっかりした演技力を見せながら、忠武路の'アンパンテリブル'として浮上した。

この他に'足球王'の安在洪、'マダムペンドク'のイ・ソムも目立つ存在感で'のシネアイコン'に名を連ねた。

[テレビデイリー・キム・ジンソン記者news@tvdaily.co.kr/写真=映画スチール]






画像お借りしました。

もしよかったら、↓のユチョンを
ポチしていただけると、励みになります。




にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村









by shuuyuchun | 2015-01-02 07:27 | ユチョン

『ヘム』ラストシーンのそのあとは・・・・

海霧の、韓国での公開があって、
ユチョンの舞台挨拶、映画祭、多くのインタビュー記事



この2か月、いっぱい、情報ありましたね。



予告編など、ネタバレのない動画は
何度も見て、




でもそれ以上の情報、
映画を見る前に、
知っちゃうと、嫌だなーと思ってました。
舞台の結末から、
いろいろと、想像するのも楽しみですから。



あえて、避けてた訳ではないですが、
映画を自分で見るまでは、
結末がわからないように、願っていました。



ついに、縁あって、
「海霧」鑑賞。



で、結末を知ったので、



そこは、どうなるの?
ドンシクはどう思っていたの?
と、気になる、気になる。



それで、
インタビュー記事も、批評もよみたくなって、



ちょっと、探してみて
この記事は、訳してみると
最終の結末の、その後を
ユチョンが述べているので、



あああ、そうだったんだーと、



私の解釈とは違っていたんですが・・・・
また、感動しました。




記事の後半は、

ここから、ネタバレあり
と注意書きしてますので、

映画をまだ見てない人、
結末は、知りたくない方は

そこで、引き返してください。
スルーしてください。
お願いします。

みちゃっても、責任は取れません。





人生のにおいが漂う飾り気のない演技<ヘム>パク・ユチョン
http://www.movist.com/star3d/read.asp?type=32&id=22428

c0298479_1312110.jpg


スクリーンデビュー作だが、気分はどうですか?
舞台挨拶をする時緊張しました。<ヘム>を初めて見た時も。周りで引き続き初の映画だと強調したから、かえってさらに緊張される面もあるようです。

大きな規模の韓国映画がよく似た時期で封切りして負担が大きいようです。
<群島><鳴梁(ミョンリャン)><海賊>が'ビッグ3'ラーメン、我々は'メガ'です(笑)。公開した映画が皆良い作品だから全部一緒にうまくいったらいいですね。韓国映画同士が敢えて立場を分けて考える必要はないようです。

<ヘム>のシナリオはどんな点が気に入ったんですか。
普段にもスリラー、SF、ホラー映画を好んで見るほうです。初めてシナリオを読んだ時は<ヘム>が新しい事件が起こるスリラーなのでよかったです。ところが、いざ撮影が終わると、<ヘム>は考えが多くなる映画だと感じられました。シナリオを読む時は、想像しながら読むようになると作品が今より強く感じられたが、映画で見るときはもう少し柔らかくなった感じでした。


完成された映画も十分に強烈です(笑)。

映画が終わった時、気が抜けて席から起きる事ができないような感じがします。最初から最後まで緊張を維持して行けるのが<ヘム>の強みだと思います。


ほんとに、そう思う。息継ぎができなかった・・・・


c0298479_134166.jpg




<ヘム>は肉体的にも精神的にも演技しにくい作品だったようです。
大変でも<ヘム同じ作品が面白いようです。生きてみて私がいつ密航を助けて密航者と愛をしてみます。簡単に経験できないことを経験して表現できる作品に魅力を感じます。そして経験しなかった状況をよく表現するためには、基本的に人と愛をよく知るべきだと思います。



ユチョンは、もう愛を知っているのね・・・・・





ドンシクを演技するとき最も気をつけた部分は何ですか?
先輩たちの演技を見れば演技ではなく、人物の本来の姿を自然にみえてくれという感じがしました。そんな先輩たちの演技を真似してみたかったです。俳優パク・ユチョンが下した決定がドンシクとして表現される部分もあるが、私がドンシクになった時、自然に出てくる行動もあるじゃないですか。ドンシクを表現する私の演技がパク・ユチョンの感じよりはドンシクの感じに近いことを願いました。人為的ではなく自然なドンシクの行動を見せてあげたかったです。例えば、ドンシクが懐中電灯で傷を映して見たり薬を訪れたとき、または写真を見る時ドンシクの日常が行動に自然に溶けている演技をしようと努力しました。



ほんとに、ユチョンはいなかった。ドンちゃんという、青年がいただけです。




演技アプローチが<ヘム>を作業をしながら変わったんですか?
いいえ。しかし、ドンシクは飾らない人であるゆえに、より自然に表現したい欲がいたありのままの姿のように見える自然な演技が好きです。例えば、通話するシーンを撮影したら携帯タッチスクリーンに入ってくる光までも実際の姿のように表現したいです。ところで、ドラマは照明や時間など多くの要素を考慮しなければならないから、そのような演技をするのが大変で残念です。<ヘム>は実際のような演技が可能な環境なので、撮影前にドンシクを演技することが期待されました。

キム・ユンソクはトンシクが、船員の中で最も気の抜けたキャラクターだと表現しました。
ドンシクが錯乱したという話をたくさん聞きました(笑)。トンシクが、おばあさんを責任を持つ家長であるが、大変なことをたくさん経験しなかった純朴な子です。船の上での決定はドンシクに容易でない選択でした。父親のような船員たちと紅梅を挟んでたくさん大変だったが、船のために生きている人を殺すのは話にならないと考え、紅梅を選択したんです。ドンシクは紅梅がなかったとしても結局、船長に反旗を翻したんです。

女を初めて見たのもないはずなのに…トンシクが紅梅に特に魅力を感じた理由は何ですか?
男が軍隊に行けば、女を見ただけでも大騒ぎと言うじゃないですか。そんなんじゃないですか(笑)。映画のように疲れて大変な状況に追い込まれると、誰かに頼りたい気持ちができます。例えば、外国に長く出ていれば、誰かを愛したい気がするじゃないですか。しかし、韓国に戻ってきた場合、外国で愛した人を懐かしむ人がいるが、直ちに自己の生活に集中できる人もいます。ドンシクは、汚れていない子供だったため、最初から最後まで変わらず、紅梅に真実で純粋な心に近付いたんです。紅梅が自分が救った女という点も作用しました。


c0298479_13175375.jpg



ドンシクは紅梅にどのように意志したのですか。
基本的に男性が考えを行動に移すときは女の力が大きいです。そうではないんですか。(笑)いつも特別な意図があるのではないが、女性が気になれば、十分に男子を勝手に動くようにすることができます。紅梅が純粋でよかったんです。ドンシクは紅梅を守ったりもしたが、紅梅に多く頼ったりもしました。紅梅のためにドンシクが今まで持っていた責任感が爆発したんです。

試写会で、紅梅の'家に行こう'というセリフが一番込み上げてきたと言いました。
そのシーンを撮影するとき紅梅が私の胸で大騒ぎをして殴って本当に痛かったです。ところが、紅梅が泣き疲れてドンシクに与える時、私も知らないうちに'アイゴー'ため息が出てくるんですおばあさんたちが孫に'やれやれ、うちの孫'と言うように。その瞬間だけは紅梅がただ子供みたいに感じられ、守ってあげたかったです。また、'家'という単語を聞く瞬間、忘れていたおばあさんのことも思い出しましたし、帰る家があるというのがどんなに大きな幸せかを知るためにさらに不憫に思いました。

ドンシクと祖母の関係もドンシクの性格形成に大きな影響を与えたようです。
事実ドンシクと祖母のシーンが、今よりもっと長かったんです。
おばあさんがドンシクに小言をしながら'船の仕事をやめての花嫁の一つ得たらいいな。貴方の母も船の仕事をする父( 旦那 )のように見送りするのは簡単ではなかったはずだ'と両親の話をする場面があります。
ドンシクは亡き父の愛を感じたかったからお父さんがやったことを受け継いで、船の仕事をしたのです。孫ではあるが、家長として生きてきたので祖母を守らなければならないという責任感が生じました。ドンシクのそのような面が、私と似ているたために胸にたくさん感じて大変でした。


ドンシクのどんな面が、本人と最も似ていると思ったの?
自分が望んだかどうかにかかわらず家長たるしかなかった点です。
映画ではトンシク祖母や船員たちといる姿が見えるから、ドンシクのまぬけで純粋な姿がさらに浮き彫りされたが、ドンシクがもし同じ年齢の子供たちといたら今よりもずっと成熟して感じられたんです。
しかし、ドンシクは自分が感じる責任感を誰かには見せず、簡単に打ち明けないのです。おばあさんにもあまり言わないだけで過ごしているじゃないですか。



ユチョン、ユチョン自身の人生を振り返る言葉・・・
少年の時から、お母さんやユファンを守っていきたいと,いかなければと思っていたのでしょう。
同世代の子よりも、仕事をして、大人びていた自分と、重ね合わせたのかな?
そして、人にその責任のつらさを、言わないで、乗り越えてきたんだね




紅梅を隠す時や密航者を殴っている船長をとめるときは、ドンシクは末っ子としての自分の位置をよく利用することができる営利な友達のように見えました。
船員たちの中で唯一高等学校を出てそうなんですよ(笑)賢明で賢いやつですよ。純粋で純朴ととんまなわけではないのです。むしろ自己表現は強い方です。
紅梅と二人きりのときは虚勢を張ってとんまに見えるが、ゼに紅梅が機関室にいてもいいのかと聞いて見る時は確実に釘を刺しておいて話すると知っています。トンシク普段にもゼを父親のように仕えたためにゼをもっと楽に対することができる面もあります。悪賢いやつです(笑)。

c0298479_1323124.jpg



c0298479_13234144.jpg



この下のポッチのあとは
ネタバレ満載なんで、
読みたい方だけ読んでください。

ネタバレ写真もあるので・・・・




もし、良かったら、
下をポチッと、していただけると、
とてもうれしいです。

にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村




続きはこちらから、
by shuuyuchun | 2014-10-14 06:44 | ヘム 海霧

『ヘム』密航船での出来事のすさまじさ、そして、ユチョンの光る演技

ビハインドカット

ユチョンがんばったね、

そして、船員の皆さんも、ホンメも、


c0298479_7272975.jpg
c0298479_7274940.jpg
c0298479_728429.jpg
c0298479_7281665.jpg
c0298479_7283176.jpg





「ヘム」パク·ユチョンムン·ソングン、朝から夜まで、実際の船の上撮影

c0298479_7253572.jpg


「ヘム」パク·ユチョンハンイェリビハインドスチールが公開された。

映画「ヘム」(監督シムソンボ/製作ヘム)が寒さと吐き気、眠気との死闘を繰り広げた撮影現場ビハインドスチールを公開した。

「ヘム」は満の夢を抱いて出発した6人の船員が一寸先を知ることができないヘムの中密航者を乗せて運ぶことながら抑えられない事件に巻き込まれる話を扱った作品。

70%に迫る海上撮影にリアリティを極大化した「ヘム」は、大韓民国最高の俳優たちがプレゼントする最高の演技アンサンブルに期待を集めている中で撮影ビハインドスチール2弾を公開した。

今回公開されたビハインドスチールは、寒い冬、冷たい海に身を投げて、長い時間船の上で撮影をして吐き気に悩まされながらも情熱を見せた俳優たちの姿が生き生きと収められている。

超大型水槽セットの中で長時間かけて密航シーンを撮影したパク·ユチョンとハンイェリは撮影途中の合間にストーブに体を溶かし、寒さに耐えた。

また、2つの大型船と漁船チョン·ジンホに接続された「ヘム」海上セットで送信することができヶ月間ヘムチームの必需品だった酔い止めを用意し飲むイ·ヒジュンをはじめ、しばらくの暇を利用してデッキ、ポータブル椅子の上に横になってうとうと求めるキム·サンホ、ユスンモクの姿もうかがうことができる。

イ·ヒジュンは「朝から開始して日が暮れるまで船に乗って撮影をしたがそのような状況で吐き気を堪えることが容易ではなかった。酔い止めを食べていると眠く状態で演技をしなければならいた」と船の上での撮影裏話を打ち明けた。

このように、自分の撮影分と関係なく、チョン·ジンホの中で冬の荒波と寒さの両方を一緒に耐え、苦楽を共にした俳優たちの本当のになるための努力は、スクリーンにそのまま溶け込み、実際に彷彿とさせるリアルな演技力と最高の呼吸を誇示する。

今年の夏、最もホットな話題作「ヘム」は最高の俳優たちがプレゼントする究極の熱演と強烈なドラマで、来る8月13日封切りする。(写真= NEW提供)

イソ塀sodamss@



ネタばれ含まれる記事です。ご注意ください。


霧の中密航船で明らかになった醜い欲望の素顔たち
http://www.hani.co.kr/arti/culture/movie/650282.html

c0298479_640491.jpg


文化」ラン '映画

「コリアンドリーム」夢を見た25人倒れて行った
2001年太倉号実話に基づい「ヘム」
人間性喪失の過程露出した記述
ムン·ソングン、キム·ユンソクなど出演陣の演技タンタン
2001年10月1日。中国同胞と漢族など60人が中国浙江省寧波港から100t級ネックラインに乗った。出発5日後の6日午前1時、これらは済州島南西の公海上で待機していた70t級太倉号に乗り換えた。太倉号の船員たちは、海洋警察の取り締まりを避けるために機関室の横の3坪ほどの句保管用簡易倉庫に25人、水タンクに35人をそれぞれ分けて隠した。しかし、これらのうち25人は、一日に遺体発見された。通気口はもちろん、窓ガラスもない狭い簡易倉庫で窒息死したものである。船員たちは、彼らの遺体を収容するだけではなく、海に収蔵させてしまった。 「コリアンドリーム」を夢見てズンググックドン6万5000元(約900万円)を与え、密入国線に上がった25人の命は、そのように倒れた。
ポン·ジュノ監督が企画·制作し、<殺人の思い出>(2003)脚本を書いたシムソンボ監督が演出した映画<ヘム>(13日公開)は、大韓民国を騒がせた「太倉号事件」をモチーフにしている。前2007年劇団「ヨヌ舞台」は、<ヘム>という同名の戯曲を舞台に上げている。映画「ヘム」は「太倉号事件」を外皮掛けながら、この惨劇に集中するよりは、その中に潜む人間の欲求の底を掘りながら極限状況に置かれた人間が、果たしてどこまで墜落することができるかを執拗に食い込む。




c0298479_6402837.jpg




チョン·ジンホ船長ポンツーン(キム·ユンソク)はアイエムエプがもたらした不況に直撃弾を受けた。海では魚が取れなく船主は船を売ってしまうと脅迫である。妻は無能夫をつけておいて無視して風を吸う。すべてが風の前灯の鉄柱にはもう「チョン·ジンホ 'がすべてだ。最終的には行き止まりに追い込まれたポンツーンはチョン·ジンホを守るために密航ビジネスに飛び込む。チョン·ジンホは人に良い機関長ワンホ(ムン·ソングン)、忠実な甲板長ホヨン(キム·サンホ)、船員の経口(ユスンモク)とチャンウク(イ·ヒジュン)、そして船員の生活を始めたばかりの末っ子ドンシク(パク·ユチョン)がある。粗雨風が吹き荒れる一日、チョン·ジンホ船員は数十人の密航者を船に乗せる。しかし、予期せぬことが相次いで起きれ」チョン·ジンホ 'を中心に団結した船員たちの関係は、破裂音が起き始めている。
映画は、船員たちの間に発生する亀裂を介して、それぞれが持っている欲求がどのように人間性を喪失していく作るを示す。性欲に執着する·チャンウク、お金に盲目経口、船を生かすことが唯一の目的である鉄は、広い海の真ん中、そして狭い倍という限られた空間で、自分の欲望を治めることができず暴走する。映画のタイトルでありながら、この映画全体の雰囲気を造成する「ヘム」は海の霧をいう。一寸先を見ることができなくはめヘムのように、ポンツーンとチャンウクと経口の欲望は、これらの人間性に影を落としてしまう。リムーバブルだけが欲望の奴隷になる代わりに、「人間性の最後の裾」を守ろうと努めるが、それはやはり後半「愛」という欲求の前に崩れる。このシーンは、人間の本性の最も露出した素顔を暴露する。

映画は壮絶なほど残酷なシーンを遠慮なくスクリーンに解放される。人間の欲望、大なり小なり、それが特定の状況で噴出される表キャッチすることができないほど醜いことを加減なしに見せようとするようだ。この無間地獄から咲いたリムーバブルと紅梅(ハンイェリ)の切ない恋心だけがそれさえも息を継ぐ余地を与える。
出演俳優たちの好演は作品の完成度を高める。今まで理知的な知識の役割を主にしてきたムン·ソングンはお粗末ですが人に良いワンホに完全に変身して、キム·ユンソクはフイボンドク距離目に狂気に取りつかれていた鉄柱に100%溶け込む。キム·サンホとイ·ヒジュン、ユスンモクも続い支える。何よりもアイドル出身パク·ユチョンの演技が印象的である。ぎこちなさのない麗水方言、先輩たちに引きずられて行かないしっかりとした演技で成功したスクリーンデビュー申告をする。しかし、重くて絶望的な雰囲気に加え、夏のスクリーン対戦で<諸島><鳴梁><海賊>に続き、最も遅く開封するという点は、<ヘム>興行の弱点になることもある。
ユソンフイ記者duck@hani.co.kr


c0298479_7284312.jpg
c0298479_7291912.jpg
c0298479_729451.jpg
c0298479_7294279.jpg
c0298479_729415.jpg







映画「海霧」キャラクター映像





これも、ネタばれあります。
でも、詳しい記事です。


[プレビュー] '海霧',人間の欲望と本能の終わりを赤裸々に表わす
http://enews24.interest.me/news/article.asp?nsID=472510



映画「ヘム」(シムソンボ監督)は容易でない作品である。大韓民国特急映画ポン·ジュノ監督が制作し、忠武路(チュンムロ)最高の演技派俳優キム·ユンソクとアイドルトップスターパク·ユチョンの呼吸が気にある単純な理由で「ヘム」を探しているなら頭を一台打たな感じを受けるだろう。映画は、限られたスペースで行われた極限の状況で、人間の本能と欲望を赤裸々に見せてくれる。




「ヘム」は、1998年IMF時代を背景とする。国が莫大な借金に上がって、一日の朝に通っていた職場がなくなり、自然失業者になったあの頃に戻ります。

麗水沖を牛耳っていた満号ジョンジンホの船長ポンツーン(キム·ユンソク)はガムチョク事業の対象となる。ますます負債は増えて、船を失う危機に追い込まポンツーンは最後のチャンスだと思って乗組員と一緒に密航に乗り出す。

大海でこれらの肉ではなく、密入国朝鮮族を乗せる。 「コリアンドリーム」を夢見て命をかけて海を渡ってきた多くの密航者たちと6人の乗組員はヘムが寄せられた状況で、予期しない衝撃的な事件に巻き込まれただ。最後の希望を抱いて出たチョン·ジンホはそう破局に突き進むことになる。



前進号の六船員は人間の群像を見せる人物だ。 前進号を自身の命のようにここは制肘、船長の話ならば無条件従う甲板長ホヨン(キム・サンホ),人間に対する憐憫が強い機関長玩好(ムン・ソングン),お金が優先である警句(ユ・スンモク),本能に忠実なチャンウク(イ・ヒジュン),愛に全てのものを投げたドンシク(パク・ユチョン)の姿は私たちの内面にある重要な価値と連結される。

最も大切なのを守るための選択に果たして後ろ指だけ差すことができるのか、義理に価値を置いて行動したホヨンに非難だけできるかを考えるようにする。 ぞっとする現実に置かれて狂ってしまいそうな状況で本能的な態度を見せたとそれを及ぼしたとだけできるのかに対して考えるようにする。 映画は派手に包装された人間の内在した本能をあたかも裸にするようによどみなく見せる。

シム・ソンボ監督は熱心に無視された人間本能の淫らな裏面を赤裸々に光を当てるが、一方的に注入しない。 徐々に共に眺めて視線を移せるように提示する。 家族ぐらいねばっこかった船員がお互いの欲望を探して離れる姿、全てのものが絡まってしまった冷たい夜海、お金と性に執着する警句とチャンウクを浅はかでなくて説得力あるように描き出した。 霧が覆われた前進号を照らす時は冷たくて殺伐な気勢に鳥肌が立つ。


中間中間の流れを切らないユーモア コードは少しの間だけでも息を継ぐようにする要素だ。 腹(船,梨)に上がった朝鮮族になぜカップラーメンを与えるのかと尋ねると"大韓航空乗ってみなかったか、機内食だ"と吐きだす船員の話でも、ドンシクが愛に陥った朝鮮族ホン鷹(ある鋭利)に初めての出会いに"血液型が何なのか"と尋ねる大きな課題で笑いをさく烈する。


もちろん'海霧'が濃い余韻と響きを抱かれることができたことは俳優の熱演がより増したためだ。 キム・ユンソク、パク・ユチョン、ムン・ソングン、キム・サンホ、イ・ヒジュン、ユ・スンモクそしてある鋭利は誰一人飛ばない完ぺきなアンサンブルを成し遂げる。

キム・ユンソクは存在だけでエネルギーを吹きだす。 船員のリーダーとしてよどみなく進む姿から血も涙もない残忍な怪物のような姿、唯一支える所である前進号を生かすために魂が抜けた人のように孤軍奮闘する姿までキム・ユンソクの延期(煙、演技)は爆発的だ。

ムン・ソングンは認定多くて理由多くの玩好で完全にビング義解胸が痛い人間味を漂う。 性に執着する欲望塊りチャンウク駅のイ・ヒジュンの延期(煙、演技)は鳥肌が立つほどであった。 イ・ヒジュンはキム・ユンソク、ムン・ソングン、キム・サンホなど名俳優と比べても遜色がない存在感を誇示したし、ユ・スンモクは'海霧'の最強シン・スティラーキャラクターで位置づけた。

船長の影役割を受け持ったキム・サンホも'海霧'の行動隊長らしく重たい重量感を抱かれる。 ある鋭利は実際の朝鮮族だと勘違いするほどのキャラクター消化力を見せた。 なまり延期(煙、演技)も優れたが、恐れにいっぱいであるホン鷹を観客のそばに座らせておいたように実感できるように演技した点は親指が惜しくないほどだ。

パク・ユチョンは'海霧'を通じて優れた俳優であることを証明した。 アイドル出身でドラマで演技経歴を積み重ねたパク・ユチョンはスクリーンで翼をつけたようだ。 キム・ユンソクと対立する場面でも傾かない均衡感とみなぎる緊張感を抱かれて驚くべきであるほどの呼吸を見せた。 ポン・ジュノ監督とシム・ソンボ監督そしてキム・ユンソクがなぜそんなにも絶賛をしたのか分かることができた。

'海霧'は必ず見なければならない映画であることが間違いない。 本質を忘れて生きていく私たちに明らかなメッセージを投げる作品だ。 映画が容易ではないと感じることができる。 おそらくそれは私たちが生きる世の中もまた容易ではないためではないかと思う。 ランニング タイム111分. 13日封切り. 青少年観覧不可.

写真提供=NEW

チェ・ウヌァ記者choieh@enews24.net


弱点を、ものともせず、
ヒットしますように。


いえ、絶対ヒット間違いなし!!!

やっぱり、はやく、みたいなあああああ(*^_^*)



画像、動画、お借りしました。



出来れば、もし、良かったら、
下をポチッと、していただけると、
とてもうれしいです。

にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
by shuuyuchun | 2014-08-08 12:43 | ヘム 海霧

『ヘム』ユチョンは変幻自在。高画質の試写会ユチョン

昨日は、午前0時まで、ドキドキして
0時から興奮して、ほぼ朝まで寝てなくて・・・

JUST USの、ユチョンに

そして、ヘムのドンシクに、

振り回されて、そのまま一日仕事。

仕事終わって、夕飯食べたら
、22時ぐらいに職場で爆睡・・・・・・


あああ、もっと、起きていたかったのにと、


毎日毎日、ユチョン情報が
途切れることがないって、どうしましょう。
おかしくなっちゃう!!


今日は、7月30日
CGVのスターライブトークですね。
全国の映画館で、舞台挨拶5000人の人がみれるんですよね。

あ。。。全国って、韓国だけ~・・・
ユチョンからのコメント


ヘムCGVスターライブトークについて - パク·ユチョン



そんなに、早口でしゃべらなくても・・・・・
いやいや、韓国語の時って、ユチョンって、早かったよね。
歌も素敵、セリフも素敵、ナレーションも素敵。
なにしても、いいんだな~



試写会のほめ記事をひとつ、



「海霧」JYJ ユチョン、俳優として演技の幅を広げることに成功した男の完璧な二重生活
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2000320&categoryCode=PU


c0298479_5405134.jpg


28日午後2時:映画「海霧」が初公開された。汚れた衣装、3~4日間ほど洗っていないようなヘアスタイル、汗をかいている顔。チョンジン号の末っ子の船員ドンシクに扮したJYJのユチョンは、間違いなく船員の姿だった。

29日深夜0時:JYJの2ndフルアルバム「JUST US」の音源と共に、タイトル曲「BACK SEAT」のミュージックビデオがJYJの公式YouTubeチャンネルを通じて公開された。スマートなスーツ姿でミュージックビデオに登場したユチョンは、男性美あふれるカル群舞(体を曲げる角度から指先まで完璧な刃物のように合わせるダンス)で女心を誘惑した。

これはわずか10時間で起こったことだ。10時間の前後のユチョンを見て「本当に同じ人なの?」と思った。


c0298479_5414288.jpg


疑いが好感に変わる
2010年に放送されたドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」の最も大きな手柄は、才能のある20代の俳優を大勢輩出したという点だろう。子役のイメージが強かったユ・アインは、このドラマを通じてより多様なキャラクターを演じるきっかけを作った。劇中、“女色帝王”“最も小憎らしいキャラクター”ク・ヨンハに扮したソン・ジュンギは、多様な魅力を披露して俳優としての無限な潜在力を確認させた。

そして、「歌手出身である君がどれだけ上手く演じるか見てみる」という冷たい視線の中で主演を務めたユチョンは、そんな視線を送った人が恥ずかしくなるほど安定した演技を披露した。そうしてユチョンは俳優世界への入門に成功した。従来のアイドル出身俳優が演技力論議に包まれてゴシップの対象になることとは確実に違う結果だった。華やかなステージの照明とは違って自然光の下で素顔を見せなければならないドラマの出演は、しばしば“純血の俳優”がどれだけ偉大な存在なのかを証明して歌手に屈辱感を抱かせるが、ユチョンは違った。ユチョンは自然光の下でも力を失わない特別なオーラを持っていた。


c0298479_5418100.jpg


もちろん、それでも彼に対する疑いは残っていた。より多くの証明が必要だった。だが、証明にはそんなに長い時間が必要ではなかった。「トキメキ☆成均館スキャンダル」を皮切りに、「ミス・リプリー」「屋根部屋のプリンス」「会いたい」を経て、ユチョンは「巨大なファンダム(特定ファンの集まり)を背負ってただ乗りしたのではないのか」という一部の認識を一気に払拭させた。時代劇、現代劇、ラブコメディ、正統派ラブストーリーを行き来しながら多様なジャンルを見事に消化する才能が特に印象的だった。また演技力に対する論議を巻き起こしたドラマ「Three Days」の場合、最後には論議を好評に変えて“危機管理能力”にも才能があることを見せてくれた。一言でいうと、ユチョンは甘く見てはいけない俳優だ。ユチョンはきれいで優しく見える顔の中に情熱を抱いているに違いない。そんな彼に忠武路(チュンムロ:韓国の映画界の代名詞)からラブコールが続くのは当然だった。ユチョン自身もスクリーンへの挑戦を望んでいた。そんな彼が初めて出会った映画が「海霧」である。


悲劇の真ん中で
映画「海霧」は劇団ヨヌ舞台の創立30周年記念作である同名の演劇を基にした作品だ。ポン・ジュノ監督が映画「母なる証明」に俳優ソン・セビョク(セパタクロー刑事役)を抜擢したきっかけになった作品でもある。ユチョンは映画でソン・セビョクが演じた末っ子の船員ドンソク役に扮した。愛する女(ハン・イェリ)を守るために船長(キム・ユンソク)と対立するドンシクは、「海霧」の羅針盤のような人物だ。悲劇の真ん中で鍵を握っている若い船員ドンシクは、決して簡単なキャラクターではない。ソン・セビョクがまるで本当の自分であるように消化したキャラクターという点もユチョンにとってはプレッシャーだっただろう。さらに、初映画の相手俳優が何とキム・ユンソクだ。決して簡単ではない初映画になることは間違いなかった。


c0298479_5415242.jpg


結論から言うと、ユチョンは「海霧」を通じて自身の演技の幅を一歩広げることに成功した。ユチョンは大先輩の間で気後れしたり、警戒する気配もなかった。違和感のない自然さがユチョンの演技の一番大きな強みだが、そのような強みがスクリーンでも完璧に力を発揮した。心配された方言演技も違和感なく消化したように見える。たぶんユチョンを知らない観客がドンシクを見たら、彼がアイドル出身ということに気づかないだろう。

「海霧」の制作を担当したポン・ジュノ監督は以前、「ユチョンという優れた映画俳優を韓国の映画界が得たという事実が嬉しい」と話した。そして、公開された映画を通じて、その言葉が自分の映画に出演する俳優のための“リップサービス”でないことを確認した。果たして演劇「海霧」でソン・セビョクを抜擢したポン・ジュノ監督の千里眼は、映画「海霧」でも通じるだろうか。私は「そうだ」に一票を投じる。





いやいや、ユチョペンは知っていますよ。


オン、オフん時の切り替えの凄さ。
1時間前の、小人ゆちょんが、
いいなりの、イケメンに変身するところも。



でも、JYJのゆちょんが、
ドンシクになり、
途中で、3DAYSのテギョンになり、
あいまに、またJYJのユチョンになりって、

撮影期間中も、すごかったんだろうな。。。
大変だったでしょうね。




そうして、撮影した、映画が、
試写会でも、評価されていて、
うれしいことですね。



もう、私のユチョンじゃなくて、世界のユチョンになっちゃうね・・・

↑もともと、私のユチョンであったことはありません(+_+)




ヘム、海霧の試写会。



Blessing Yuchunさんの動画から

舞台挨拶




そして、素敵なmamoruさん撮影ユチョン。

やっぱり、メディアのより、いいのですよね。
愛を感じるっていうか・・・・

c0298479_7271081.jpg
c0298479_7262531.jpg
c0298479_7273182.jpg
c0298479_7264548.jpg
c0298479_7275088.jpg
c0298479_727149.jpg
c0298479_7283674.jpg
c0298479_7274728.jpg
c0298479_7291511.jpg
c0298479_729482.jpg
c0298479_7291475.jpg
c0298479_7302749.jpg
c0298479_7295879.jpg
c0298479_731311.jpg
c0298479_7303274.jpg
c0298479_731491.jpg



lamielさんも、素敵
c0298479_7325229.jpg
c0298479_7325584.jpg
c0298479_733328.jpg
c0298479_73371.jpg
c0298479_7331945.jpg
c0298479_7332345.jpg
c0298479_7333296.jpg
c0298479_733388.jpg
c0298479_73481.jpg
c0298479_7341790.jpg
c0298479_7342738.jpg
c0298479_734308.jpg


他にも・・・・


c0298479_873798.jpg


c0298479_863579.jpg


c0298479_841885.jpg


ホンメとはいいけど、ハン・イェリさんとはいらない・・・!?





昨日から、半日たらたらと書いてた記事
早朝に、PC電源落ちなんて、やってしまって・・・


JUST USの記事消失・・・・・・・・・・・・・

もう、朝の時間ないので





と思いましたが、素敵なladyMさんの画像を、
最初、暑そうと思ったけど、ユチョンなら何でも素敵です。

c0298479_82558.png
c0298479_814382.png
c0298479_824697.png
c0298479_823357.png
c0298479_8326100.png
c0298479_842068.png
c0298479_842798.png
c0298479_851781.png
c0298479_845162.png




今日も頑張ろう




画像、動画、お借りしました。



出来れば、もし、良かったら、
下をポチッと、していただけると、
とてもうれしいです。

にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
by shuuyuchun | 2014-07-30 07:44 | ヘム 海霧

『ヘム』ドンシクの情事!!




「ヘム」パク·ユチョン·ハンイェリ情事シーン衝撃の感想...「序盤から?感じたかった」http://news.nate.com/view/20140729n01889


c0298479_9413420.jpg



「ヘム」パク·ユチョンハンイェリ。

俳優パク·ユチョンとハンイェリがベッドシーン所感を明らかにした。

パク·ユチョンは28日、ソウル城東区ヘンダンドンCGV往十里で開かれた映画「ヘム」のマスコミ試写会で、「ハンイェリとベッドシーン撮影の前に相談をたくさんした "と言った。

劇中チョン·ジノ末っ子船員ドンシクを演じたパク·ユチョンと朝鮮族の娘紅梅役を引き受けたハンイェリは、エンジンルームのベッドシーンを消化して人目を引いた。

これに対してハンイェリは「リムーバブルと愛を​​分かち合う紅梅の心が見当がならなかった。あまりにも切迫してすぐに死ぬ可能性があるという考えがあったようだ」と話した。

続いて、 "すぐに死ぬ可能性があり、死を目撃した状況で生きている何かを感じたいと思う感情に焦点を当てながら撮影した」と説明した。

また、パク·ユチョンは "ベッドシーンを置いて監督と序盤から相談をたくさんした。この部分をどのよ​​うに納得のいくように表現するかについての話をたくさん交わした"と明らかにした。

彼は「実際に撮影に入るときも、私自身が理解していた。一寸先も分からない状況で、死ぬかもしれない状況で生きているということを感じる唯一の人だったし、それを感じていたいたようで生きていたいたようだ。複数の心が共存した "と打ち明けた。続いて、 "撮影時にたくさん悲しかったが、今日見ても胸がリングのようだ"と付け加えた。

一方、映画「ヘム」は、満船の夢を抱いて出発した6人の乗組員が一寸先が不明ヘモ中密航者を乗せて運ぶことながら抑えられない事件に巻き込まれる物語を描いた作品で、ポン·ジュノ監督が初企画と製作を担当した。

また、「殺人の追憶」の脚​​本を書いたシムソンボ監督がメガホンを取ったし、俳優キム·ユンソク、パク·ユチョン、イ·ヒジュン、ムン·ソングン、キム·サンホ、ユスンモク、ハンイェリなどが出演する。開封は来る8月13日予定です。

多くのインターネットユーザーらは「「ヘム」パク·ユチョンハンイェリ、お似合いのカップル "、"ヘム 'パク·ユチョンハンイェリ、映画みよう ""'ヘム 'パク·ユチョンハンイェリ、すぐに開封しなければならハルテンデ "、"ヘム'パク·ユチョンハンイェリ、キャスティング最高 "、" 「ヘム」パク·ユチョンハンイェリ、ベッドシーンの衝撃」などの反応を見せた。



もう、ユチョンのドンシクの心を感じながら、

すぐ死が迫っていたら、

ユチョンと二人きりだったら、

私でも、いいのかな?

c0298479_9512390.jpg



相手は○○○○・・・・・




わ!!また妄想。


ホンメになったつもりで、
頑張ります。


↑って、なにをかんばるのか・・・


自分で、混乱。


映画館で、正座して、
しっかり、目を開けて、
ドンシクを見つめさせていただきます。


ほんとに、できるのか・・・・
一人じゃ不安かも。




画像、動画、お借りしました。



出来れば、もし、良かったら、
下をポチッと、していただけると、
とてもうれしいです。


にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
by shuuyuchun | 2014-07-29 10:06 | ヘム 海霧

『ヘム』味のある三人のヒョン達、ユチョンをかわいがってくださってありがとう

出張中のため、今日の情報はあげられなくてごめんなさい。


ヘムのちょっとまえの情報から


2014年7月3日のコラム


ヘム、ムン·ソングン - キム·サンホ - ユスンモク - イ·ヒジュン、実際彷彿させる完璧な船員に変身!
http://moviejoy.com/themem/e_view.asp?db=qna5&num=13242

c0298479_621673.jpg

<ヘム>で大韓民国を代表する演技派俳優ムン·ソングン、キム·サンホ、ユスンモク、イ·ヒジュンが実際を彷彿させる完璧な船員に変身して存在感を誇示する。

映画「ヘム」は、満船の夢を抱いて出発した六人の船員が一寸先を知ることができないヘムの中密航者を乗せて運ぶことながら抑えられない事件に巻き込まれる物語を扱った作品。大韓民国代表俳優キム·ユンソクとスクリーン期待の主パク·ユチョンをはじめ、イ·ヒジュン、ムン·ソングン、キム·サンホ、ユスンモクまで、さまざまな個性と強烈な存在感を誇示する最高の俳優たちが 'チョン·ジンホ」に搭乗した6人の船員に分解期待を集めている。

まず、線の太い演技で存在感を発揮する貫禄の俳優ムン·ソングンは「ヘム」でチーフエンジニア「ワンホ役にオリジナルに紹介してき冷徹で知的なイメージとは異なる暖かい人間味を伝える。プロデューサーポン·ジュノは、それに対して「その中に引き受けてきた役割と、とても対照的なキャラクターを完璧に消化した。やはり「大俳優」と感じた "との深い信頼感を現わした。

ブラウン管とスクリーンを介して多様なキャラクターを消化してきた俳優キム·サンホは、船長の命令を黙々と続く行動派一等航海士「ホヨン」のキャラクターに<ヘム>で最も完璧な船員の姿に変身して、映画のリアリティを増す。シムソンボ監督は「彼独特の存在感で「チョン·ジンホ」の2因子キャラクターをより一層豊かに満たした」と感謝の気持ちを伝えた。

また、製作者、ポン·ジュノが「数々の映画で多様なキャラクターをお目見えして来た八色鳥のような俳優」と絶賛したユスンモクは<ヘム>からお金が世界で最高の荒い性格のローラーができます '経口役で映画に緊張感を吹き入れる。

最後に、しっかりとした演技力で大衆的なスペクトルを広げている俳優イ·ヒジュンは「ヘム」でいつでもどこでも、自分の欲望に忠実な船員 '·チャンウク役で風変わりな姿に挑戦する。一緒に呼吸を合わせたシムソンボ監督は "'チャンウク」は紙一重で異なって見えることがある難しいキャラクターだ。俳優の驚くべき本能がこれをよく消化した」と彼に向かって愛情のこもっ好評を伝えた。

特に、キム·ユンソクを含めてイ·ヒジュン、ムンサングン、キム·サンホ、ユスンモクまで演劇の舞台を基に、しっかりとした演技力をみじん切り内面の俳優であるという点も、これらがお目見えする完璧なアンサンブルをさらに期待させる。独自の存在感で強烈なシナジーを誇示するムン·ソングン、キム·サンホ、ユスンモク、イ·ヒジュンの出会いでより一層話題になっている。

文:第サンミン(ムービージョイ記者)
<著作権者ⓒ映画総合インターネット新聞ムービージョイMOVIEJOY.COM>









c0298479_14302024.jpg


この写真いいですよね、

この三人含めて、同じ船で、大漁を夢見て、
漁に出ていた6人が


いろんな、嵐に巻き込まれていくのを、
観るのはつらいだろうな・・・・・・・





キム・サンホさん、共演決定でうれしいなーとおもってたんですよね。

船長を黙々と従う甲板長ホヨン役




2013年9月の記事ですが・・・

個性派俳優キム・サンホ、映画「海霧」にキャスティング…キム・ユンソク&JYJ ユチョンと共演
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1978615&categoryCode=PU

c0298479_13501350.jpg


キム・ユンソクとJYJ ユチョンが出演を決定した映画「海霧」にキム・サンホが合流する。複数の映画関係者によるとキム・サンホは最近出演契約を終え、撮影準備に入った。

「海霧」でキム・サンホが演じる役割は、密航船の甲板長だ。船長のキム・ユンソクと船員役のユチョンがぶつかる中、それなりのバランスで状況を調整するキャラクターだ。

キム・サンホは今まで「ビッグ・スゥインドル!」「麻婆島(マパド)」「ユア・マイ・サンシャイン」「黒く濁る村」「ワンドゥギ」などの映画で実力派俳優として認められた、韓国を代表する個性派俳優だ。最近はイ・ジュンイク監督の新作「ソウォン」に出演し、現在公開を待っている。

キム・サンホは映画だけでなく、ドラマ「検事プリンセス」「棚ぼたのあなた」「剣と花」などにも出演し、大衆的に認知度を上げた。特に昨年はケーブルドラマ「特殊事件担当班TEN」でドラマをリードするペク・ドシク役を演じ、主演としての責任を果たしたことがある。

現在「海霧」は主要なキャスティングの大詰めの段階にある。密航者の一人である中国延辺から来た女ホンメ役は、チョン・ユミがオファーを受けた状況で、検討しているという。

同名の演劇を原作に、密航船に乗って海に乗り出した船員と密航者たちのストーリーを描いた「海霧」は、ポン・ジュノ監督が制作を務め、映画「殺人の記憶」の脚本を担当したシム・ソンボ監督が演出を務めた。10月中にクランクインする予定だ。





グンちゃんと“楽しき人生”で共演していて、すっごく、おじさんのいい味出していたのを、覚えています。

あの映画では助演男優賞をとられています。映画ではキム・ユンソクさんも、一緒でしたね。
3人の中年おじさんの、バンド再結成の、青春ドラマだったかな?

グンちゃんメインで見始めたけど、すっかり、映画の面白さにみいりました。


凄く老けて見えるけど、1970年7月24日生まれの、43歳、びっくり!!







ユ・スンモクさん


ギョング役・・・ヘムの中では悪役になるのかな?

1969年9月14日生まれ

あれ!?キム・サンホさんより年上?




ポン・ジュノ監督の作品、殺人の記憶、
グエムル 漢江の怪物 にも出演。



2013年10月の記事

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&oid=404&aid=0000044106&sid1=001&lfrom=twitter

c0298479_4282789.jpg


enews24チェウンファ記者]俳優ユスンモクが映画「ヘム」にキャスティングされ、キム·ユンソク、パク·ユチョンと呼吸を合わせる。

ユスンモクの所属事務所シムエンターテイメントによるとユスンモクは「ヘム」で狂気に固く団結した悪役経口役を演じる。

シムエンターテイメントの心情運代表は「ユスンモクは安定して誠実に作品活動をしながら演技力も認められた俳優だ。「ヘム」を通じてユスンモクがこれまで培ってきた演技力の最大値を引き上げることができるように後押ししてくれるだろう。ユスンモクの製作陣も満足度も非常に高い」と述べた。

「ヘム」の製作陣も「ユスンモクに大きな期待を寄せている。悪役経口のキャラクター分析からキャスティングまでで最も気のボールを入れた役割だ」と期待を頼んだ。

ユスンモクは、6月チュウォン、オム·ジョンファ、オム·テウン、ソウなどが所属しているシムエンターテイメントと専属契約を締結した後、映画「ヘム」だけでなく、映画「プラン·マン」、OCNドラマ「処容」などにキャスティングされて活発に活動している。

一方、「ヘム」は、同名の戯曲を原作に密航船に乗って大海原に上がった乗組員と密航者たちの話を扱った作品だ。 2007年の初演時からポン·ジュノ監督が関心を持っていた中での製作に参加することになった。映画「殺人の追憶」の脚本を執筆したシムソンボ監督の初演出デビュー作で多くの映画ファンと関係者たちの関心を集めている。

写真提供=芯エンターテイメント





そして、イ・ヒジュンさん
船員チャンウク役

1979年6月29日生36才



c0298479_13465235.jpg


これも、2013年10月の記事です

イ・ヒジュン、映画「海霧」に出演確定…JYJ ユチョンと共演
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1978992

c0298479_1414023.jpg

イ・ヒジュンが映画「海霧」の出演を確定した。

2日午前、イ・ヒジュンの所属事務所であるjanginエンターテインメントは「イ・ヒジュンが『海霧』で船員チャンウク役で出演する」と明かした。

「海霧」でイ・ヒジュンが演技するチャンウクは、船長(キム・ユンソク)、ドンソク(ユチョン)と共に密航船に乗った船員である。チャンウクは船員のうち最も独特な人物で、人間の本性をそのまま表すキャラクターである。

イ・ヒジュンは9月のテスト撮影当時、チャンウクに完璧に没頭した姿を披露し、制作を担当するポン・ジュノ監督と演出を担当するシム・ソンボから激励を受けた。

「海霧」は2007年に初演された同名の演劇「海霧」を原作とする作品で、映画「雪国列車」のポン・ジュノ監督が初めて制作に乗り出し、映画「殺人の追憶」で脚本家として参加したシム・ソンボ監督が演出でデビューする作品だ。



あとは、ユチョンのお父さん的存在の

ムン・ソングンさん
1953年5月28日生まれ



そして、偉大なる船長、キム。ユンソクさん
1968年1月21日生まれ




ハン・イェリさんが、
1984年12月23日生まれだから、



ほんとに、ユチョンは末っ子で、かわいがってもらってたのね。










画像、動画、お借りしました。



出来れば、もし、良かったら、
下をポチッと、していただけると、
とてもうれしいです。


にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
by shuuyuchun | 2014-07-17 23:29 | ヘム 海霧

『ヘム』釜山ショーケースの予告映像と、リアルなヘムの映像楽しみ

http://media.daum.net/entertain/consol/1440
cr:NEW/Dureraum/popcorntalk


映画「海霧」 釜山ショーケース
Daum独占生中継 予告映像


http://movie.daum.net/moviedetail/moviedetailVideoView.do?movieId=79524&videoId=44975&t__nil_main_video=thumbnail




youtubeでも





c0298479_15312844.jpg
c0298479_15315126.jpg
c0298479_15314788.jpg







ホンメとの談笑してるとこより
この、ヘアーさんの手が、ちょっといやなんですけど・・・・









ポスターも素敵
c0298479_552799.jpg




「ヘム」、今まで見られなかったリアルな海の映画が来る
http://www.obsnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=820282

c0298479_19525418.jpg


[OBSプラス=ギムスクギョン記者]映画「ヘム」が次元の違うリアリティで話題になっている。

「ヘム」は、満船の夢を抱いて出発した6人の乗組員が一寸先を知ることができないヘムの中密航者を乗せて運ぶことながら抑えられない事件に巻き込まれる物語を扱った作品。撮影、美術、編集、メイクアップ、衣装、音楽に至るまで、大韓民国映画界の中心に立っ最強の製作陣が集まって、実際のを彷彿させる極限のリアリティをプレゼントする。

特に大海の上、漁船 'チョン·ジンホ」が、一寸先も見えない海の霧ヘムに包まれながら、予測できない状況に駆け上がるストーリーをスクリーンに完璧に盛り出すために「ヘム」の制作陣は、後半CG作業の依存度を最大限排除して、実際の海で撮影することを原則とした。

映画のリアリティーを最大に引き上げるため、巨済島、麗水、馬山、釜山など真冬国内に水深が最も深い海を見つけて70%以上の海上撮影を敢行したのはもちろん、国内初の二つのジンバルを動かしながら水槽に水を満たし入れる方式の撮影を試みた。

また、リアルな霧を作るために特殊なスモッグで地上のセット場を満たした後、特殊なカメラで撮影して水中のような効果を出す「ドライフォーウェット」の手法を適用した。

「雪国列車」、「マザー」ホン·ギョンピョ撮影監督は「大海の上ヘムに覆われたチョン·ジノという空間を表わすために、必ず、実写撮影を望んだ。実際、深い海の色味を生かし者全国各地の深海を見つけて撮影をしようとした観客に、よりリアルな海や船乗りたちの話を見せようとした」と伝えた。

「泥棒たち」、「下女」のイ·ハジュン美術監督はチョン·ジノの立体的な実感を実装して出すために、実際のアンガンマン漁船空輸に乗り出した。彼は、「実際の人類網漁船とできるだけ同じ作るために直接船に上がって船員たちに会うなど、多くの準備をした。実際の船の運航が可能にほしかったので専門家の助けを借りて船を完全改装した "と明らかにした。

演出を引き受けたシムソンボ監督は「観客が船員たちと一緒に劇に陥ってより実感できるようにするためにCGを最小化した。結果を見ると、これは本当に賢明な選択だったと思う」と自信を表わした。

一方、「ヘム」は、満船の夢を抱いて出発した6人の乗組員が一寸先を知ることができないヘムの中密航者を乗せて運ぶことながら抑えられない事件に巻き込まれる話を扱った作品で、来る8月13日封切りする。



撮影に際して

パク・ユチョンは
“撮影前にドンシクという人物を置いて悩みをたくさんした。 休む日には監督様とホン毎逆意ハン・イェリさんとともに集まって練習も別にした”

と撮影エピソードを明らかにしたし、

ユ・スンモクは
“魚を釣りにでかけるシーンでキム・ユンソク先輩のリアルな演技を見てこれが撮影ではなくて本当に魚を釣りに行くことだなあと思うほどであった”と現場の雰囲気を伝えた。



そんな、リアルな、ヘム、楽しみって



あああ、ゲリラ挨拶始まっちゃった。

そして、予告も・・・・・


取り急ぎ、記事あげなきゃって、

アップするの忘れて、


仕事に入ってて、もう、20時前です。








画像、動画、お借りしました。



出来れば、もし、良かったら、
下をポチッと、していただけると、
とてもうれしいです。


にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
by shuuyuchun | 2014-07-15 19:59 | ヘム 海霧

『ヘム』ゲリラ舞台挨拶、k-style記事 ユチョンは映画界で認められますよね

「ヘム」パク·ユチョンが海雲台に浮かぶ...ゲリラ舞台挨拶決定
http://news.nate.com/view/20140714n17670


c0298479_15585257.jpg

エクスポーツニュース=パク·チユン記者]映画「ヘム」出演陣たちが来る16日、釜山一帯でショーケースゲリラ舞台挨拶を進行する。

「ヘム」の出演陣は来る16日午後5時海雲台と広安里海水浴場一帯でびっくりゲリラ舞台あいさつを行う。ゲリラ舞台あいさつでは俳優たちが直接釜山市民とのショーケースに参加できる招待券やギフトを贈呈するなど、特急のイベントも用意される予定である。

また、釜山「映画の殿堂」で同日午後8時から映画「ヘム」のショーケースが開かれる。このイベントには、シムソンボ監督をはじめ、俳優キム·ユンソク、パク·ユチョン、ハンイェリ、イ·ヒジュン、ムン·ソングン、キム·サンホ、ユスンモクまで「ヘム」の主演俳優たちが3千人以上の観客と疎通する時間を持つ。今回の「ヘム」釜山のショーケースは、ポータルサイトダウムを通じて全世界にリアルタイムで生中継される。

この席では「ヘム」のハイライト映像が初公開されるだけでなく、強烈な存在感を誇示する7人のキャラクター、「殺人の追憶」ポン·ジュノ&シムソンボ名コンビ、巨大サスペンス機などの「ヘム」の誕生過程を垣間見ることができるスペシャル映像が上映される予定だ。

一方、映画「ヘム」は、パク·ユチョンのスクリーンデビュー作で、ポン·ジュノ監督の初制作プロジェクトである。ポン·ジュノ監督とシムソンボ監督がそれぞれ製作と脚本を務め、満船の夢を抱いて出発した6人の船員が予期せぬ出来事に巻き込まれる話を盛り込んでいる。来る8月13日封切り予定。












JYJ ユチョン&キム・ユンソク主演「海霧」緊張感あふれるメイン予告編&ポスターを公開
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1999090

c0298479_1217327.jpg


ポン・ジュノ監督が制作した映画「海霧」(監督:シム・ソンボ、制作:海霧、配給:NEW)がついに実体を現した。

11日、配給会社NEWはポータルサイトに「海霧」のメイン予告編とポスターを公開した。

今回公開された「海霧」のポスターには、実際の船員のようなリアルなビジュアルに変身を遂げたキム・ユンソク、JYJ ユチョン、イ・ヒジュン、ムン・ソングン、キム・サンホ、ユ・スンモクが演じる6人の船員たちの出航前の姿が写っている。古い漁船チョンジン号の甲板の上で満船の夢を抱いてはしゃいでいる姿とともに「6人の船員、満船の夢、そして海霧」というキャッチコピーが加わり、彼らにどんなことが起こるか好奇心をくすぐる。

茫茫たる大海原の上、満船の夢を抱いて出港した6人の船員たちのいつもと同じ平凡な日常の姿から始まる「海霧」のメイン予告編は、船を守るために魚ではなく人を乗せることになった彼らの緊迫した状況を盛り込んでいる。

命をかけて海を渡ってきた数多くの密航者たち、そして彼らと運命の船に乗ることになった6人の船員たちは、一瞬も目を離せない息の詰まるストーリー展開とともに極限の緊張感を与える。特に自分が守り抜いた朝鮮族の女性ホンメに一目惚れした純粋な最年少船員ドンシク(JYJ ユチョン)の姿が、彼らの間の切ない感情を予告し、期待を増幅させた。

映画「海霧」は満船の夢を抱いて出航した6人の船員たちが、一寸先も見えない海霧の中、密航者を運ぶことになり、収拾のつかない事件に巻き込まれるストーリーを描いた作品だ。8月13日に韓国で公開される。






JYJ ユチョン、f(x) ソルリ…今夏ホットなアイドル達の映画挑戦記は成功するだろうか
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1998933&categoryCode=MV

c0298479_1233597.jpg


今夏ホットなアイドルたちが次々と映画に挑戦する。

JYJに所属し多数の作品に出演、“演技アイドル”として認められているユチョンと、ガールズグループf(x)としてデビューした後、初めて映画に挑戦するソルリ、そしてtvNドラマ「応答せよ1994」で高い人気を得たガールズグループTiny-Gのドヒがその主人公だ。

まず、ユチョンはポン・ジュノ監督が制作しシム・ソンボ監督がメガホンを取った映画「海霧」で映画に挑戦する。

「海霧」は満船の夢を抱いて出港した6人の乗組員が、一寸先も見えない海霧の中密航者を運ぶことになり、収拾の付かない事件に巻き込まれるストーリーを描いた作品だ。映画「殺人の追憶」の脚本を執筆したシム・ソンボ監督が脚本と演出を務め、公開前から関心が高まっている。ユチョンは劇中でホンメを見て一目惚れした純粋な末っ子乗組員ドンシクに扮し、独特な姿を披露する予定だ。

これまでユチョンはSBSドラマ「屋根部屋のプリンス」「Three Days」などで安定した演技を見せ、アイドル出身俳優という先入観を払拭した。2012年にSBS演技大賞で優秀演技賞などを受賞し、“演技アイドル”と呼ばれるようになった。

そんな彼が映画でも認められるのかを巡り、映画界の注目が集まっている。これについてユチョンは先日行われた制作報告会で「今もすごく緊張している。この前予告映像が公開されたが、とても緊張して震えて、映画を撮ってから公開されるまで待つことってこんな感じなんだと初めて思った。ドラマとは確かに違うと思うし、今映像を見てその時のことを改めて思い出した」とスクリーンデビューした感想を明かした。同映画は韓国で8月13日に公開される。

ソルリも海の上でスクリーンデビューを告げる。ソルリは8月6日に公開される映画「海賊:海に行った山賊」(以下「海賊」)で映画に初出演する。「海賊」は朝鮮建国の半月前、コククジラの襲撃で玉璽(ぎょくじ)が消えた前代未聞の事件をめぐって玉璽を探す海賊と 山賊、そして開国勢力が繰り広げる海での痛快な大激戦を描いた作品で、ソルリは劇中で海賊ヨウォル(ソン・イェジン)の右腕で世間知らずで堂々としたキャラクターの黒猫に変身し、熱演を繰り広げる。

子役俳優出身のソルリは、歌手デビューする前から多数の作品で演技力を身に付け、映画にも登場するなど、着実にキャリアを積んできた。しかし、f(x)に入ってから映画に出演するのは今回が初めてだ。

2012年に放送されたSBSドラマ「花ざかりの君たちへ」を通じて子役俳優出身らしい安定した演技を披露した彼女は、今回の作品ではカリスマ性溢れるが可愛い魅力を持った黒猫をきちんと演じ、映画祭で新人賞を狙うと見られる。

最後の主人公はホラー映画でスクリーンデビューを告げるドヒだ。彼女はトンネルに閉じ込められた5人の友達が一人ずつ消えていく話を描いたホラー映画「トンネル 3D」で深い傷を持ったミステリアスな少女役に扮し、不気味な恐怖を与える計画だ。

昨年韓国にレトロブームを巻き起こした「応答せよ1994」でリアルな全羅道(チョルラド)方言を使う少女チョ・ユンジン役を演じたドヒは、ガールズグループ出身とは思えないほど女優に負けない演技力で多くの話題を集めた。

そんな彼女が映画にも挑戦することになった。ドヒは制作チームを通じて「シナリオを読む前に最初の3Dホラー映画という話を聞き、本当に怖いのだろうと思った。また、最初という言葉に引かれたこともあるが、ホラー映画を3Dで見たらどれほど怖くなるのだろうかと思った」とし「私が演じる役がそれなりに事情のある役で心が惹かれたし、後悔のない選択だったと思う」と愛情を示した。韓国で8月13日に公開される。

画像、動画、お借りしました。



出来れば、もし、良かったら、
下をポチッと、していただけると、
とてもうれしいです。


にほんブログ村 芸能ブログ JYJへ
にほんブログ村
by shuuyuchun | 2014-07-14 20:49 | ヘム 海霧


いまは、浮気か、おやすみちゅう。


by shuuyuchun

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

使用している画像、動画

このブログは個人的なもので使用している画像、 動画等の著作権はその著作権元にありその権利を 侵害するものではありません。感謝しています。

ブログパーツ

最新の記事

ジェジュンの行った、沖縄のF..
at 2017-08-08 05:46
ジェジュン 2017年4月沖..
at 2017-08-07 05:13
ID:all6fv 2014..
at 2017-08-03 07:03
2017年8月です。復活祭は..
at 2017-08-01 08:01
沖縄からエールを、そして、D..
at 2016-07-03 15:30
7月に、ユチョンへの思いを
at 2016-07-02 08:33

記事ランキング

カテゴリ

全体
ユチョン
JYJ
ヘム 海霧
3DAYS
ポゴシッタ
雑談
CM
韓流
ユチョンのドラマ
匂いを見る少女
ユチョンゆかり
ジェジュン
未分類

検索

タグ

(307)
(97)
(78)
(72)
(70)
(47)
(46)
(30)
(19)
(19)

お気に入りブログ

It's A Lovel...
屋根部屋の物語
k-tmyf 妄想小説
ユチョンに夢中
SPな公園の日々
蓮の花
Yuchunnie lu...
ひとりごと
凜の妄想日記
ゆちょはむおととっと!
ユチョンにわくわく
りこの自由時間~♪
夢がたり~ユチョンと
ユチョンを横浜に誘致します。
Yuchun Family

ブログジャンル

韓流スター・ドラマ
つぶやき

以前の記事

2017年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

その他のジャンル